ホーム画面ギャラリー

「ホーム画面の場所はどこだ?」と聞かれることがあります。八木山にある魅力的な場所です。歴代のホーム画面の撮影場所を解説します。

八木山南団地の奥に入り口があり、東北自動車道近辺まで広がる「治山の森」には、変化に富んだハイキングコースや東屋、せせらぎ沿いの小道などがあります。今、新緑真っ盛り。みなさんも、ぜひ訪れてみてください。
先日、八木山テラスで開催された「春の防災キャンドルナイト」のリハの様子です。手前のデッキは、普段はみなさん縁側のように腰かけて使っています。人呼んで「お茶っこテラス」。寝っ転がると気持ちいいですよ!
新幹線から茂ヶ崎にそびえる三本の塔を八木山のひとが見ると「帰って来た」と思うそうです。この風景、八木山てっぺん広場からでも似たようなものが見られますが、遮るものがない光景は、某私有ビルの上からだけです。

八木山本町一丁目公園の南東角に植えられている「ハンカチの木」という珍しい木です→CLICK LINK。そろそろ花が咲いてきましたので、ぜひご覧ください。

TBC(東北放送のテレビ塔)

八木山のシンボルであるテレビ塔の一つであるTBC(東北放送)のテレビ塔です。東方放送は八木山にある唯一のテレビ局で、地元ともいろいろと一緒に活動して下さっています。

八木山動物公園駅

八木山の某ビルから見た八木山動物公園駅、八木山市民センター、動物園正門です。なかなか見ることのできない角度です。ただし個人の住宅なので立入禁止です

ベニーランド前の二本の桜の古木

ベニーランド前には二本の桜の古木があります。ベニーランドは実に丁寧に清掃がなされていますので、花弁が散る季節になると掃き清められた地面の上の花びらがとてもキレイです。

桜で満開のベニーランドのスカイジェット

桜の時期、ベニーランドを一周する「スカイジェット」は桜のトンネルを抜けたり、桜で煙る園内を一望できる、八木山でもとっておきの桜の鑑賞ポイントとなります。

桜で満開のベニーランドの園内

もちろんこれは、八木山ベニーランドの写真です。でも、ここか桜であふれ返っている様子は知らない方も多いと思います。桜の季節、園内を一周するスカイジェットに乗ると、桜のトンネルを抜けながら、このような風景が見られます。

ベニーランド住みの桜と仙台遠望

よく知られていませんが、八木山ベニーランドのコークスクリューコースターの裏には、小さな神社があったり仙台市街がながめられるベンチがあります。静かな穴場です。

八木山テラスの丸太のテーブル

八木山テラスには、絵本で出てくるような丸太のテーブルと腰掛があります。ここに座って木漏れ日の下でピクニックなどはいかがですか?

冬のベニーランド

みなさんよくご存じの八木山ベニーランドの観覧車です。海まで展望できる観覧車ですが、反対の東北大学方面を見ると、竜の口峡谷ギリギリに立っているように感じます。

八木山テラスで雪遊び

これも仙台赤十字病院横の通称「八木山テラス」です。そり遊び、雪合戦、雪だるまづくりなど、安全に冬の遊びが満喫できます。

八木山テラスでプロジェクションマッピング

仙台赤十字病院横の通称「八木山テラス」で「バレンタイン・ライトアップ」の実験をしているところです。ここはそり遊びの穴場でもあります。

八木山テラスで犬のお散歩

仙台赤十字病院横の通称「八木山テラス」には、竹でできたシェード「竹ちぐら」が3つ設置されています。みなさんも休日のひと時を過ごしてみませんか?

てっぺん広場の初日の出

地下鉄東西線・八木山動物公園駅の屋上の通称「八木山てっぺん広場」です。ここは「仙台で一番交通の便のよい初日の出スポット」で、毎年、多くの人が集まります。

城南高校でのイルミネーションイベント

この写真は「城南イルミネーションReturns」の時の様子です。仙台城南高校の中庭に並べたLEDランタンと、ちょうど夕暮れの空がきれいですね。

ベニーランド前でランタンを集める

これはベニーランド前で行われた「光の八木山フェスタ」後の片づけの様子です。最後までいてくださった参加者がLEDを集めてくださると、こんなにきれいな光の海になります。

ベニーランド前広場でのライブ

11月3日に行われた「光の八木山フェスタ」の様子です。写っているのはジャズ歌手の菅田かおりさん。とても素敵なライブでした。

八木山から見る三本のテレビ塔

八木山のシンボルである三本のテレビ塔ですが、きれいに見える場所は意外に少ないのです。これは松が丘の東端にある「ハウスグリーンヒル」あたりから撮りました。